現実は時として思いもよらぬことが起きる。

たとえば、服を脱ぐとき腰に貼ってたカイロが
手から出てきたり。
その服の縫製をした人だってこんなところから
カイロが出てくるなんてこと想像もしなかっただろう。

たとえば、3月末納品と聞いてた仕事が
2月末になったり。

天竺への道はきっとこの1週間が勝負。

そして最近再読がマイブームの私は
澁澤龍彦の「高丘親王航海記」を再読中。
まさに天竺への道。
なので今回はブタやカッパとでなく
秋丸や円覚たちとの旅である。
幻想的な旅であることを祈りつつ。